FC2ブログ

泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: Category: None   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

ロシア・フォルマリズムについていろいろと

調べてるんだけど、山口昌男の紹介を読んだときには、もう読まなくてもわかったような気になっていたのに、結構手強いので、まずは概論から。が、ぶっちゃけ読んでますますわからなくなった。

 こういった文学史観は、旧来の文学史にはおよそ書かれていそうにない文学的類縁、相互関係を見いだしただけでなく、とりわけパロディ論などにそのダイナミズムが存分に効果を発揮した。パロディとは、シクロフスキイによれば、〈自動化〉した手法を裸出させたり、習慣化した文学的規範を転位・破壊することによって、自動化した文学形式を〈異化〉することであり、その目的は文学形式に対する新しい知覚を甦えらせることにあった。このように「破壊に強調をおいた」シクロフスキイに対して、トゥイニャーノフの場合は「新しい構成・構築を中心においていた。......トゥイニャーノフにとっては、パロディ的テクストの文学史的な分析と、そこから引き出してくる〈パロディ論〉は、文学の進化の理論の出発点となっていた」(47)。こういった相違はあれ、フォルマリストの文学史は、一方ではパロディ等による高位のジャンルの格下げ、他方では二流の文学、大衆文学、フォークロアその他への注目によって(「下級ジャンルの正典化」シクロフスキイ)、「将軍たちの歴史」(ブリーク)をうち破り、伝統的な文学史観、ジャンル観にゆさぶりをかけた。



ここんとこ読んでやっとホッとした。ただ、文学史観とか文学の進化とかいう公式文化中心主義はいらない。モダニズムとかアヴァンギャルドそのものが公式文化(芸術)を格下げするものだったし、その格下げを愉しむべきで「下級ジャンルの正典化」なんてする必要もない。ま、とっつきやすそうな」シクロフスキイあたりから読み始めるべきか、、、
Comments
 
フォルマリズムじゃなくて構成主義ネタですが 先月のエコノミストの表紙が…
https://www.economist.com/printedition/2019-02-16
オリジナルはロトチェンコの模様
https://www.axismag.jp/posts/2010/04/12297.html
ああ、 
いかんいかん、ブログとともにバルタンさんのコメントを放置してしまった。パクリの技法であるフォトモンタージュをさらにパクッてるわけですね。

04 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 75
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 62
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 127
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 34
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS