泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02


SUNAMI

『ซับน้ำตาอันดามัน 』  แอ๊ด คาราบาว

『アンダマンの涙を拭いて』 by エート・カラバオ




ไม่เคยคิด ไม่เคยฝัน ไม่ทันตั้งตัว
考えたこともなかった 夢にも見なかった どうすることもできなかった 
ท้องฟ้ามืดมัว แผ่นดินเลื่อนลั่นสั่นไหว
大空はかき曇り 大地は揺れ動いた 
ไม่เคยพบ ไม่เคยเห็น ไม่เคยสนใจ  
経験したこともなく 目撃したこともなく 気に留めたこともなかった
ซูนามิ คืออะไร รู้จักแต่ซาซิมิ
ツナミって何だ? 知ってるのはサシミだけだ

มันมาดั่งมัจจุราช ทุ่มโถมโทรมใส่ชายหาด
奴は死神のごとくやって来て 浜辺を滅茶苦茶に打ち壊していった
มันกวาดทุกสิ่งพินาศ ซูนามิ
奴は全てを荒廃へと帰したのだ ……ツナミよ

ไม่เคยนึก ไม่เคยนับ สรรพศพมากมาย
思いもよらなかった こんなにたくさんの亡骸を数えたことなどなかった
แผ่นดินร่ำไห้ แผ่นน้ำใยเลือดเย็น
大地は泣き続ける 美しい海は冷酷だと
ไม่ว่าใคร ไม่ว่าชาติไหน ไม่มีข้อยกเว้น
誰も思い至らなかった どこの国であろうと例外なんてないんだってことに
ธรรมชาติถือกฎเกณฑ์ มนุษย์เทียบเท่าเม็ดทราย
自然の掟にとっては 人間なんて砂粒同然なのだ
มันมาดั่งมัจจุราช มันโถมทุ่มใส่ชายหาด
奴は死神のごとくやって来て 浜辺を滅茶苦茶に打ち壊していった
มันกวาดทุกสิ่งพินาศ ซูนามิ
奴は全てを荒廃へと帰したのだ ……ツナミよ

อันดามัน สวรรค์บนโลกวิไลซ์ ต้องวิปโยคครั้งยิ่งใหญ่
アンダマン…… 地上の美しい楽園は激しく嘆き悲しむ
นี่คือชะตากรรม
これが運命なのかと
อันดามัน สวรรค์ไม่ทันเตรียมกาย
アンダマン…… 楽園はこのままでは元の姿に戻れない
ไหลไปเถอะธารน้ำใจ ซับน้ำตาอันดามัน
もう振り返るのはよそう アンダマンの涙を拭いて
โอ๊ย……..โอย ซูนามิ
おお ツナミよ


 もう、インド洋大津波も半年も前の出来事になってしまいましたが、タイのカラバオさんが歌う『SUNAMI』の歌を紹介しましょう。(タイ語には日本語の「ツ」にあたる音価がありません。したがってタイ人の発音する「ツナミ」は「スナミ」としかわれわれには聞こえません。)日本でもラジオで流されていましたが、Web上に歌を聴けるサイトがあったので、ついでに歌詞も訳してみました。多少アヤシイ訳ではありますが……。間違いがわかる人がいたら教えてください!

 それにしてもこんなことに3時間以上もかけてしまった! 仕事が進まない………ムキーッ!!

トラックバック  原曲収録アルバムの収益は津波被災者に寄付されます。 白石昇日々の記録といいつ..


アマゾン(3) ミクシイ(6) 読書メーター(5) bk1 オンライン書店ビーケーワン(1) 楽天ブックス(2) ブログ 〜トンガからのメッセージ〜 タイで想う日々 なんて退屈。 SIAMESE INDY 鈴木秀明のSTRUGGLE...

Comments

それがあるんですよ、少なからず………。バンコクでも虫系の屋台はけっこうありますけど、ゲテモノ食い本場は女房の田舎、イサーンです。ゲテモノに関しては、以前こんな記事を書いたことがあります。http://araiken.exblog.jp/89069 よろしければどうぞ!
タガメとかその他ゲテモノ系って食べたことありますか?
私は、もちろんないですが・・・。
あー、「パッ プーン ファイ デン」食べた―い。自分で作っても、今一、上手く出来ない。 オフ会@BANGKOKする?
フォッフォッフォッ………行ってきなさ〜い!! 思い立ったが吉日です。さっそくHISに電話だあ〜! もしもし………バンコクへの1年オープンのチケットが欲しいのですが………って1年かよ!
ผักบุ้งไฟแดง……… 空心菜の油炒めのことですね。女房がよく作って食わされてますよ。結構人気あるみたいですね、これ。
タイでオフ会なんていいですねえ。パンガン島かなんかで、午前中は海で遊んで、午後はヤシの木の下で読書、夜は浜辺でディスカッション、なんて感じでひと月ぐらい過ごす………なんてこと、みんなでやってみたいなー!
あぁっ、バンコクが俺を呼んでいる〜っ!!
手招きされてるよ〜!!!
これ、悲しい歌なのに、突然「知ってるのはサシミだけだ」っていうのがおかしいですね。
araiさんはタイに詳しいのですか?そうなら、この国の魅力をぜひ教えてください。
上のコメントを書いた後でよく見たら、もうすでに、「旅行、タイなど」というカテゴリがあったんですね。失礼しました。これから読ませていただきます!
ま、若い頃から何度となくタイを訪れておりまして、今ではタイ人の女房がおり、子供もタイにすっぽってあります。初めて訪れたときはいろいろと驚いたり、いいとこだと思ったりしましたが、関係が深くなってゆくとともにイヤな面が増えてくるという、お定まりの(笑)コースをたどり…………でも、今でもいいと思うのは、タイ人の気楽さ、こだわりのなさ、構えのなさ、みたいなとこですかねえ。
上のリンク先にある食材、「体に合わない」ってんじゃなくって、単に食いすぎなんじゃないですか? だって荒井さん、食うとなったら、とことん、半端じゃない量食ってそうだもの。
で、おれはタイの食材(主にスパイス系。こぶみかんの葉っぱとかプリッキーヌーとか)を通販で買って、けっこうがしがしタイ料理作ったりしてます。いわゆる「ゲテ」も全然OKですが、あんま家では食わないかなあ。
それはそうと、バンコクでオフ会って、たのしそ〜。
ウホホ。はやしさんがタイ料理つくってる姿を想像すると、何やら微笑ましいものがあるわけですが、もしも皆さんの金や時間の都合さえつけば、タイでのオフ会、私が喜んでコーディネートしますよ! 現地コーディネーターってやつですね。「I'll be back.」はターミネーター………あれ?
バンコクオフ参加できそうです。その時は よろしくおねがいします(笑)
タイでのオフ会って、ほんと実現させたいところですよね。荒井さんがコーディネートしてくれるってのも心強いし。
でも、金もなければ時間もねー!なんだよなあ。
>帽子さん
あ、君は某スタジオのバンコク支社駐在員として働いててください(笑)。
>はやしさん
問題はそれに尽きます!

Leave a Comment


Body

目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 62
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 21
反芸術研究室 1
最新のコメント
Twitter
タグcloud
 
アクセスカウンター
   




 
 
プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。


 

link rel=