泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

先生も大変だ

 僕らと同様、大学の先生も大変だ。もうのんびりと仕事してることなど許されない。絶えず仕事ぶりは管理者にチェックされ、数値化され、仕事の質いかんに関わらず量的な評価によって格付けされる。大学同士、先生同士、激しいサバイバル競争に巻き込まれてゆくのだ。均質的社会は私たちの生存にとって危険な社会であるが、仕方ない………生き延びるためにはこのように改革してゆくしかないではないか。これは時代の流れなのだ。誰を恨んでも仕方がないのである。
 さあ先生、ストレスを溜め込んで胃を痛めてる暇はありません。明日から私たちと一緒にサバイバルゲームを戦って参りましょう!

Comments
 
いまや大学もまた、露骨に資本主義的生存原理の支配する<学び=競争>の場となった、ということですね。つまり、それは、学生にとっても教員にとっても、「量的格差だけが前景化する均質的社会」になりつつある、ということです。このことは、今後(いや現在すでに)、大学における「学び」の多様性を抑圧する方向に向かうことは間違いないでしょう。教員も一人一人が「分をわきまえ」なければならないし、「世の中の役に立とうと立つまいと自分のやりたい研究をやる」ことは<断念>しなければならないのです。
それにしても、内田氏の言動の矛盾ということを別にしても、大学の<管理社会化>は憂うべき問題であると思います。かつて大学は「レジャーランド」になったと言われましたが、これが「大企業」になっていくことのほうが、はるかに不気味であると思います。
 
Gilさん、どうもです。
全くおっしゃる通りですね。大学の研究って、役に立たないことを堂々とできる場であった、という一面はあったのでしょうね。そのような場が「競争原理」によって切り崩されてゆく………生活の隅々にまで競争のバトルフィールドが侵入してくる感じです。………問題は、それではどこに、資本主義的生存原理に支配されない場を切り開いていったらいいのか、ということだと思います。
 
araikenさん、こちらこそどうも。
cultureという語の語源は耕作に由来しますが、研究活動というのは農業に似ているかもしれません。努力が必ずしも結果に直結するわけではないのです。ですから、「過去五年間、論文を書いていない」からといって、それが「怠惰」であるとは限りません。大学でも、中身は別として要領よく毎年ペーパーを書き、雑事を嫌な顔をせずにこなす者だけが「出世」するようになるとすれば、それは「文化の貧困化」であると考えます。まあ、内田氏の立場はちょっと気の毒ではありますが。
 
仮に結果が出ないにしてもですよ、文化というものはそもそも「壮大なる無駄」だという面がありますから、大学というものが何らかの形で「文化」を支えるものであるならば、その無駄をひっくるめての研究活動の場であるというのがむしろ正しいのかも………。それをすべて結果とか成果で、何らかの基準をもとに評価し管理されるということは、研究活動は労働でしかない、ってことになりますね。ひょっとすると、これからは大学という場に何かを期待してはいけないのかもしれません。
内田さん、大変そうですね。闘ってらっしゃるのですよ、ネオリベラリズムの闘士として。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS