泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: 思想  

Response: Comment: 26  Trackback: 0  

代替不能性

 内田樹さんの批判の夢中になってるうちにやらねばならない仕事がたまってしまったよ。今受けてるのは劇場版『鋼の錬金術師』の仕事です。けっこう人気あるみたいだね………これ。
 書きたいエントリーは山ほどあるのですが、1週間ほどストップします。これから「かけがえのない」仕事を「選び」の意識を持ってこなしてゆきま〜す。……ってなんか嫌味なこと書き過ぎかなオレ?

Comments
 
荒井師匠、こんばんは。お仕事がんばってください。
家内が、音楽の業界について「なんで、神輿に乗せられた能無しばかり、がっぽがっぽ儲かって、神輿を担がされている能有りが、無茶苦茶搾取される羽目にならなきゃいけないの?」って言ってます。荒井師匠の業界もこんな搾取の構図があるのでしょうか?
また、暇になったら教えてください。ではでは。またまた。
 
これこれ、誰が師匠やねん。
原作たそがれ清兵衛さん、お気遣いありがとうございます。来週早々にも復活できる見込みです。
そうですねえ。本物はいつだってつらい思いをしなければならないというのは、セザンヌやゴッホの時代から変わることのない真実で…………と言いたいところですが、私の仕事は単なる熟練労働ですから、早くてうまければ(牛丼屋みたいですが)その分稼げるってだけの話ですね。私自身のことを言えば、うまくはないけど仕事の手が早いのが売りですので、その線でなんとか生き延びているって感じです。
 
鋼アニメもコミックスも大好きです〜映画も見に行きますよ(^^)/ 今再放送してる鋼もしっかり見ていますよ〜。今クール新規(鋼や攻殻2除く)で地上波で放映している番組では、アクエリオンとスピードグラファーの2つの出来映えが群を抜いているような感じがします。バジリスクとか他作品群も基本的に悪くはないのですがやはり先の二つの出来映えはレベルが違うような…。後、ガラスの仮面にはなんというか、巨人の星みたいでついついみてしまう妙な魅力がありますね。
 
kagamiさん、こんにちは。
私自身のことを言えばアニメには全くと言っていいほど思い入れはありません。ま、労働の対象に過度な思い入れは危険とすら考えていますから、敢えて距離をとっている、という面もありますが。
とはいうものの、私の関わった仕事を見てくれている人がいるというのは、やはりうれしいものです。ちなみに「攻殻」のほうの仕事も何回か受けてますので、エンドロールをチェクしてくだされば、私の名前を見つけることができるかと思います。
それとまだ確定ではありませんが、「鉄人28号」の劇場版の仕事を手伝う可能性が出てきました。……ああ、がんばって稼がねば(笑)。
 
あれ?あれあれ?
ともあれ、お久しぶりです。
リンクを貼っていたのですが、
実は貼った原因を忘却しました(若年性か)
お仕事の話で鋼とか、荒井師匠とか話題に上ってて、
今やっとアレ?と気付きました。。
・・・今更ですが驚きました。
お仕事頑張って下さい。
 
urakkoさん、これはこれは、お久しぶりです。半年ぶりぐらいですね。確かニートの話題のときだったと思います。こちらは相変わらずそんなエントリーばっかしです。コメントありがとうございました。
 
大将の荒井さん、おはようございます。
みなさん、大将にお仕事させてあげてください。!
大将が体潰して、死んじゃったら大変ですから!!。
 
わっ! 大将になってるぞ………どこまで出世するのやら………。
原作たそがれ清兵衛さん、おはようございます。たった今仕事にケリがつきました。昼頃納品して一休みです。ご心配をおかけしたようですがもうだいじょうぶです。サッカーも勝ったみたいだしぐっすり眠れそうでーす!
 
そりゃ仕事すれば名前はのりますよ(笑)。
で、その「惜しくもないし守れない」さんや「某ロリコン巨匠」って言うのは誰のことです? 押井守と、宮崎駿のことですか? ………いや、僕は何とも思ってないですよ。すばらしいエンターテイナーだって言うところです。アニメに関わらず映画なんてスペクタクルじゃないか、っていうのがあるので………例えばもっと通好みの、黒澤明とか、小津安二郎(でよかったのかな?)とかの評判のいい映画も「何だよ映画じゃねえか」って思っちゃうんです。いや映画だけじゃなく、いわゆる「芸術」全てが、なんですけどね。だから宮崎さんとかチヤホヤされてますけど、あまり興味がないというか、どうでもいいな、ってのが正直なとこですね。
それと「あやしい」さんって、はやしさんのことですか(笑)?
 
araikenさん、ありがとうございます。(_ _)
ハンドルネームをキチンとしまして。
原作たそがれ清兵衛さま。
音楽にまつわるややこしさの一つに、「大勢の人達に認められれば、懐が潤う」という事実の短絡化があると思います。
ストリートミュージシャンや音楽家自身が自分のオーナーである場合を除いて、
音楽家の第一のお客は、雇用者であります。
大勢の人がお金を払う先は雇用者とか仕事を依頼してきた会社でありまして、
音楽家はそこからお金を受けとりますので、認められるのは演奏の腕前であっても、
受けとる金額の多寡は相手にお金を出させる才能とか、自分を売り込む才能に左右されます。
以前別なサイトで、製作会社と制作会社の違いを教えてもらったことがあります。
どういった方向性の話しを、どれくらい予算をかけて、どの時間帯に放映するかを決めるのが製作会社、
そこで決定され、仕事を依頼され、現物を作るのが制作会社であり、
制作会社は製作会社>視聴者である、とかいろいろ。
制作と制作、逆かも知れませんが。(^^;)
関係者には当たり前すぎるくらい当たり前なことでも、知らない者には一筋縄にはいかない、
フクザツな世界に見えます。
 
はじまして。音楽産業って、やっぱり特殊なんでしょうね。日本の中でも。まあ、言葉は悪いですが、オッサンオバサンが寄ってたかって、自分達の名前を伏せて悪質なものをガンガン量産して、ガキにバンバン売りつけるのが仕事みたいな世界ですからね。その点まだアニメのほうが産業としてまともかもしれないと思います。作っているのがオッサンオバサンであるのはガキでも理解できるでしょうからね。ガキは、はま○きの曲を本当に はま○きの曲だと思って聴いている。根本の部分では、全く関与してないに等しいのに。子供騙しとはこれのこと。(笑) でも、プライバシーとの引き換えが条件ですが、神輿の上は儲かる儲かる。アニメが世界に出て行けても、日本の大衆音楽がアジア以外では決して通用しない、極めて後進性しか持てないのは、この辺りにも理由があるのかもと思っております。
まあ、相場屋さんの世界も同じで、海○さんや、武○さんみたいに自分よりさらに無能な大衆に直接安心と娯楽を供与できたら、プライバシーとの引き換えを条件にさえすれば、結構いい収入になるといえばそれまでなのですが・・・。でも、だからこそ、相場屋さんも、世界に通用するレベルになれないのでしょうね。書いていたら、頭の中の整理がちょっとついたかな? こういうノリで書く私を荒井さんは「酔っ払いオヤジ」と称されまして、私もその呼称がいたく気に入っております。
ところで、荒井さん。凄いですね。「攻殻」のテロップに名前が出てるのですか。ついに「先生」とでもお呼びすべきか?(・・・首絞められそう。) 「攻殻」って確かアダルト物ではなかったですよね。(・・・ピストルで撃たれそう)  こちらでは流石に書けないと思いますので、「惜しくもないし守れない」さんや「某ロリコン巨匠」についてのご意見を、「読書会」か「あやしい」さんのブログででも、一度お聞かせくださいませ。「あやしい」さん、頃をみて、荒井さんにネタふってあげてくださいね。
 
推論は勿論その通りなのですが、それにしても荒井さんの徹底ぶりって本当に凄いですね。こりゃ、どうも失礼いたしました。
 
なるほど、「はやし」のフランス語読みは「あやし」になるわけか……。そういえば、フランス人のサッカー選手にアンリという人がいますが、タイ人はこの「アンリ」を「オンリ」と発音してましたから、「あやし」は「おやし」と発音して………原作たそがれ清兵衛さん! はやしさんも限りなく我々に仲間に近い存在になりますよ! ってそりゃ無理か。
 
あまりにもおかしくて腸がよじれそうです。!!!  ついにトリオ結成ですか???  やったあああ。  万歳!!! 
 
なんと、攻殻ですか!!全部見てます。。こんどお名前探してみます。
とまあこんな「承認」は「承認」として、もらうもんはちゃんともらってくださいねw
 
>「何だよ映画じゃねえか」って思っちゃうんです。いや映画だけじゃなく、いわゆる「芸術」全てが、なんですけどね。
そこです。そこが僕はひっかかります。
今後疑問に思った事は聞いてみるようにしましたので あしからずです。
荒井さんにとって、理想の日常ってどんなですか?
世の中に映画も、音楽も、絵画も無くていいんですか?
ただ、日がな、ボーっとして、社会の事について考える
というのが生きているということですか?
 
>sivadさん
そうかあ、これが相互承認なわけですね。こうやって「攻殻」見てます、なんて言われるとうれしいわけですけど、職業的な承認のみで人間を判断しちゃだめってことですよね。
最近やった「攻殻」の仕事といえば………台湾の町並みを描きましたねえ。あと、確か最終話(だったかなあ)で、壊れた工場の地下室みたいなところのシーンをやったのを覚えてます。
 
>帽子さまさま
その通りです!    ………だけじゃあ答えにならないだろうから、逆に聞くけど、君の日常から映画や音楽や絵画がなくなったら、もう君の人生はボーッと生きてるだけになってしまうのですか?
そうだなあ、例えば吹雪の中で生きるエスキモーとかさ、砂漠を放浪する遊牧民とかさ、あるいは映画なんてなかった時代の人たちの日常って、退屈なものでしかなかったのかなあ? そのへんどう?
 
分かります。大自然の中で生きるということが充実してるんだろうなというのは。
ただ、現在の日本で、そのように生きようとしたら、どうしたらいいんでしょう。また そういうことが出来るんでしょうか。
例えば、東京でエスキモーが生きているような充実があるんでしょうか。
 
ちょっと油断してたらこれだぜ……って、でも、ほんと、おれ別段あやしくないと思うんだけどなあ。「あやしい大将」みたいな人から(某Mさん)んなこと言われると、「マイナスのマイナスで、プラス(=あやしくない)?」みたいにも思っちゃったりして。
で、どーでもいいことついでに「アンリ」が「オンリ」に聞こえるってことに関して一言。フランス語ではanとかenの綴りは「アン」と「オン」の間若干「オン」よりで発音するんですね。だから、Henriは「オンリ」と聞こえる。さらに、Hayashiは単に「アヤシ」になるだけであって、「オヤシ」にはなりません。
というわけで、荒井さん、原作たそがれ清兵衛さんの野望は脆くも崩れ去るわけです。
今ふと思ったんだけど、カテゴリに「中西夏之」が独立してあるのがさりげなくとんでもない。
 
荒井さん、関係ないこと書いてすいません。
はやしさん、あのゲリラ教授って、某M大将のことなのか、はやしさんの事なのか、それとも第三者のことなの理解できていません。(・・・また、天然ボケです。) 教えてください。
荒井さん、たて続けに関係ないこと書いてすいません。
本日久々に、私のカキコに家内の検閲が入りました。
はやしさんは、絶対にあやしくないというより、あやしいの対極に位置する人だと家内が申しておりました。それから、音楽の件ですが、はやしさんの知識と見識は全く正確で、私は一体家内の話のどこを聞いていたのかと、しかられました。
(荒井さんのブログへの私のカキコには検閲が入っていないもようでした。)
 
>帽子様
そう、そういう充実は闘いとらなければならない………。
 
つまり君が言ってるのは「文化」の価値についてだと思うんだ。僕ももちろん文化を否定する気はこれっぽっちもない。ただ今現在文化って言われてるのは、商品としてつくられた文化でしかなくて、それが僕には面白くないんだ。
映画にしろ何にしろ、売れるものをつくらなければいけない……文化をつくることは欲望を解放することではなく、商品を生産する労働になっちゃってる。また文化を受け取る側はお金を払ってそれを消費する、ということになる。これが資本主義の文化の虚しさだと思うんだ。
資本主義以前の例えば君が言ってる大自然の中で生きてた人たちの文化っていうのは、商品の生産や消費ではなかったのであって、もっと人間の欲望がストレートに解放された……やりたいことやってくれちゃったみたいな……そういう面白さがあったと思うんだ
資本主義社会は金儲けがすべてだから、そういう欲望の解放とかエネルギーの浪費みたいなことを認めない。で、その埋め合わせに商品としての文化がある、というのが僕の認識なわけ。
だからそういう資本主義以前の文化のあり方を支持する僕としては、商品としての文化にはさっぱり面白さを見いだせない、というのが正直な気持ちなんだ。いや、面白い映画とか音楽とかがあるのは認めるけど、スタンスとしては商品化していない文化の形を目指しているんだ。
で、そういう文化っていうのは結局、反資本主義的なものになるだろうって思うわけ。それで例えば左翼的な社会運動とか、ニートとか引きこもりとか不登校みたいな反社会的で、穀潰し的なものこそが、エネルギーの浪費…………つまり古い意味での文化のありかたへの鍵になると考えてるんだ。
そう考えるとさ、「ただ、日がな、ボーっとして、社会の事について考える」みたいな「無為」であるってことは立派な「文化」なんじゃないかって思うんだけど、どうだろう? そういう無為の価値みたいなものを社会に突きつけるのが僕の考える芸術であり、戦いなんだ。
 
「ゲリラ教授」、あれはみやも…おっと、M大将でも、もちろんおれでもなく、ほんとに「第3者」として存在する人で、Mたいしょ…って、めんどくせえや、宮本さんの掲示板で以前、かなり長大な書き込みをしてたりした人です。
で、うん、ほんとおれあやしくないと自分でも思う。むしろ、開けっぴろげというか、装い知らずというか、そんな感じで、まあ、そういう「オープンさ」が逆にあやしいんじゃい、って言われちゃうと、そうですかねえ、と言うしかないんだが。
 
はやしさん、原作たそがれ清兵衛さん、どうもです。
いやあ、はやしさんに切り返されちゃいましたよ〜。原作たそがれ清兵衛さん、また体勢を立て直して出直しましょう! 
え? 中西夏之ですか? そうなんですよ。作品をつくらない芸術を求めているにも関わらず、中西氏のこのタブローが面白くってしょうがないんですよ。自分でも不思議なんですが………。
 
今回の返答は、ちょっと目からうろこが落ちました。
納得して感動もしました。
「穀つぶし的日常」というのはいいかもしれません。
私は多分、今後も今まで通り資本主義の商品の中で
生きていくのでしょうが、荒井さんの思想に共感している部分もあります。
していない部分もありますが(笑)
今回荒井さんが書いてくれた文章について、自分は長く考え
それを元に生きていくのかもしれませんね。多分。
というかそうするかもしれません。
 
そう(笑)? それはうれしいねえ。
でも僕だって資本主義の商品の中に生きてくのさ。けっこう僕の言い方をとらえて資本主義の外に出ることなんてできるわけがない、みたいなコメント書いてく人いるけど、そんなのあたりまえなんでさ。ただそういう外部を考えてみることでそれこそ資本主義の商品の中に没入してる状態から一歩距離をとれると思うんだよね。で、そこから新しい方向性を出せるんじゃないかって思うわけなんだけど………。ま、そのへんはこれから考えるとしよう!

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 61
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 24
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS