泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

ブログとは?

 『ブログを運営するのは殆どの人にとって仕事ではない。楽しいから、面白いからやっている、はず。だから多くの人にとっては趣味に属すると思われ、当然面白くなくなってしまえば続ける理由はない。しかしひきこもりのオレにとってはこれは趣味とは言えない。趣味とはあくまで仕事がある人のものだと思う。じゃあ何なのか?となるとよく分からないというしかない。というよりよく考えてみればブログを開設する人の心理自体結構謎だったりするんじゃないか?実はそこが一番重要だったりして、この心理の闇は相当深い。』 ( from 『大ブロ式』)

………というsantaro_yさんのエントリーに触発されて、ブログ(僕にとってのだけど)って何?っていう問題への自分なりの答えを述べてみたい。
 もう20年も昔のことだけど、自分で絵を描いて、銀座の画廊を1週間借りて個展を開いたことがあった。当時の職場で、あるおじさんに「展覧会開いたんだって? で、絵は売れたのか?」みたいなことを聞かれたんだ。僕は純粋に自己表現のために絵を描いてたので、絵を売るという考えはまったくなかった。だから「いやあ、売るつもりで絵を描いてるわけじゃないんですよ。」と答えると、「何だ、じゃあ道楽みたいなもんか……。」と言われてしまった。
 まあ、このおじさんみたいな感じ方っていうのは、ごく一般的なあたりまえの感性だと思う。つまり世間では、売るために絵を描くことは「仕事」になるけど、売る気のない絵を描くことは「道楽」だったり「趣味」でしかないってことだ。で、どっちかと言えば、いや、あきらかに、人生においてホンチャンなのは「仕事」のほうで、「道楽」とか「趣味」はあくまでも息抜きやお遊びでしかない。
 描いた絵が「売れる=商品となって交換価値を生む」なら、絵を描くことは生産行為(労働)となるが、商品であることに無関心な場合、絵を描く行為は非生産的な浪費活動でしかない、ということになるのだ。さらに、商品をつくる生産行為(労働)は真面目で真剣な、肯定的な活動と理解されるが、浪費活動は無責任で、お気楽な………せいぜいリフレッシュのためのものでしかない………というあくまでネガティブな評価しかされないのだ。

 これは、何度も書いてきたことだけど、資本主義社会の「勤勉であれ」という規範が内面化されたことによる感じ方だ。生産以外の活動は、資本主義社会下においては「無駄」であり「浪費」であり「怠惰」であるとして責められるべき悪である。
 だが、芸術の表現活動というものはそもそもエネルギーの浪費、非生産的な消尽活動だったのである。そのような無目的に世界を彩る営みがなかったとすれば、僕らの生は、労働のための生という味も素っ気もないものにまで切り縮められてしまう。人間をそんな労働奴隷のような役割に追いつめる資本主義社会に一石を投じたい、という切実な(笑)願いもあって、僕は「無駄」な絵を描いていたのだ。

 それはいいとして、ブログなんだけど………まあ、僕的には絵とまったく同じものかな、と思っている。つまり非生産的なエネルギーの浪費活動だと思っている。したがってそれは資本の立場からすればまさに「無駄」なことであり、無意味な「道楽」に過ぎないだろう。実際こうしてパソコンの前に座って文章考えるのって随分時間がかかることで、こうしてる間に働いてれば金になるなあ、っていつも思っている。が、アーティスト魂からすれば、その「無駄」なことこそ追求しなければならない目的だったりする。だって、やっぱり無駄な活動こそが面白いというか、大きく出れば宇宙の存在自体、一つの巨大で無駄な遊びじゃないか、と思うわけだ。

 だから、santaro_yさんの言葉をちょっと訂正したいのは、「しかしひきこもりのオレにとってはこれは趣味とは言えない。趣味とはあくまで仕事がある人のものだと思う。」というところで、たぶんsantaro_yさんにとってブログは、かなり切実な、なくてはならないコミュニケーションツールだと思うんだけど、それを「趣味」や「道楽」とだけ見なしてしまうのは「仕事がある人」なんじゃなくて、「仕事(生産労働)こそが人生にとってホンチャンの、真面目に追求するべき価値だ、と思ってる人」、つまり資本主義的な「勤勉」の規範を内面化している人、なんだと思う。だって、僕は馬車馬のように仕方なく毎日働いてるし、ひきこもっているわけではないけど、僕のブログは自分にとってたんなる趣味や道楽ではないですから………。

 ただ、ブログがすべてか、と言われるとやはりそうじゃないと思う。ブログにしても芸術(美術、文学、演劇、映画など)にしても、結局、表現のメディアでありコミュニケーションツールだ。それはフィクション(虚構)にすぎない………というのも虚構の中でならいくらでも自分をつくれるからね。確かに今現在の僕をいちばん雄弁に語っているのはこのブログなのかもしれないけど、だからといってブログに記事をを書くために生きてるわけじゃない。それは絵を描いていたときもまったく同じで、やはり身体をもった自分自身の生(実存とでもいうのか……)というものが一つの中心としてあるのかな、と思う。だからとりあえずは、ブログはツール、道具として考えていいと思う。(ただ、自分でも整理できてないんだけど、人間はあらゆる道具に囲まれて生きていて、道具と容易に共生関係をとることができるというか、一体化しているので、単純にそれらを道具と言い切っちゃっていいんだろうか、なんていう疑問は持っている。)とにかく僕は画家であるとかブロガーである以前に、やっぱり一人の人間存在であるわけで、絵にしろブログにしろ、その存在を充実させるための道具である、と考えている。

 そんなわけで僕の場合もsantaro_yさんが言ってるように、ブログを書くことが「楽しいから、面白いからやっている」ってことは間違いない。だが、それはどうすれば楽しく面白いものになるか、というのはもう一つの問題だ。
 個人的にはブログにのせたエントリーが、逆に自分を追いつめることができる限りで、それは面白いものになる、と思っている。自分自身に試練を与えるようなエントリーでなければ、わざわざブログを開設する意味がないかな、と。まあ、追いつめすぎて精神的に厳しいことになっちゃったんじゃしょうがないから、あくまでもその試練を楽しめる余裕があるかぎりで、という但し書きがつくけれど。
 付け加えておけば、その条件を満たすなら、レスポンスがなくても全然構わない。誰も見に来てくれなければブログをやる意味ないけど、メディアやツールを用いたコミュニケーションの場合、レスポンス自体は目的じゃないと思う。絵や彫刻を展示したってほとんどレスポンスなんてないのと同じでね。レスが欲しいなら、誰かをひっつかまえてダイレクトに自己主張でもすればいい、と思う。

 長くなっちゃうんで、このへんにするけど、ようするに僕にとっては「ブログを開設する人の心理」はごくあたりまえのことで、たいして謎とは思わない。それは金にならなくても絵を描いたり、詩をつくったり、歌ったり踊ったりするのと同じ、自己表現でありエネルギーの放出だ。それは非生産的な1つのアクション、たとえばニートであることや、ひきこもることもそうであるような、無目的的で積極的なアクションだと思う。

 トラックバック  [ブログに関する話]「沈黙のオーディエンス」について(2)  〜大ブロ式〜

Comments
 
通りすがりで拝読させていただきました
 
yymmmailさん、はじめまして。通りすがりと言わず、また来てください。
 
どうもはじめまして。トラバありがとうございました。
非常に参考になる興味深い記事です。「ブログはツール、道具」といい切るのにはオレも引っ掛かりを感じます。オレなりに今思っているのはこれは「環境」じゃないかと言う事です。環境だと考えるとそこでは「適者生存」とかあるいは「住み分け」とかそういう流れができてくるんじゃないかと。
”目的”もブログでしかできない事、他のツールとの差別化、でやはりある程度のベクトルが出来てくる気がします。
あとオレが「謎」なのは多分一人一人の動機というよりこんなにたくさんの人がブログを開設してる事、の方ですね。なぜこんなに需要があるかという。荒井さんのおっしゃるように文章書いたりするの大変ですよね(笑)そこが面白いというか「謎」だったりします。
はじめてで長々と失礼しました。これからよろしくお願いしますです。
 
三太郎 さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
なるほど、「環境」ですか。ソシュールの研究で有名な丸山圭三郎の本で、サルトルの「道具としての言語」みたいな言語観を批判していたことを思い出しました。
言語能力は、人間という種としての本能の上に上書きされた能力だけど、言葉を持つことで手に入れた分節構造(これを「言分け」という)が、その土台の本能的な分節構造(こちらを「見分け」と呼ぶ)を浸食してしまう、ということを言ってました。「言語能力という道具」は見分け構造と不可分に浸透し合っていて、単純な(外的な)道具扱いはできない、という議論をしていたような気がする。
人間にとってあらゆる道具は、そういう面をもってますよね。道具を巻き込んだところの「環境」、それを舞台に私たちは日々暮らしているわけですね。
今、ふと思ったのですが、資本主義社会が商品としてあれこれと繰り出してくる道具、これに私たちが巻き込まれてしまっては救いがない。逆に私たちの生を面白くするために、それらの商品を逆手にとって利用する、というのでなければならない。あれ? ブログの話からズレちゃったかな?
 
確かこんな話だったと思いますがこれに繋がってる話だと思いました。で自分なりに色々考えたんですが、「侵食してしまう」という表現がちょっと引っ掛かります。これだと何か悪い事のような感じを受けてしまいますが、やはり言分けする事で見分けの世界は広がるというか深まっていくんじゃないかと思います。例えば同じ夕焼けの景色を見る時でも日本人と西洋人では全然違う見方になる気がしますし、同じ日本人でも例えば夕焼けを描いた小説とかを読んだ事のある人と無い人ではやっぱり違うような気がする・・・もちろんいい面ばかりじゃなく言分けする事で逆に見えなくなってしまう事もあると思うんですけども・・・。
どうやら「見分け」の方を本能的本質的なものと解釈されている人なようですが、ちょっとそこにはまだ疑問がありますね。どっちが本質かというのは結構難しい問題のような気がします。人間は視覚の方に価値を置いているので偏見があるんじゃないかと・・・でもオレも人間なのでやっぱり視覚の方が本質のような感覚もあるんですけどね(笑)とりあえずそこはまだ保留にしておきたい・・・。
とにかくこれはとても面白い話です。
あとついでといっては何なんですがここに新しい記事トラバさせていただきました。関連はあるとは思いますが微妙だったりするので判断はお任せしますです。それでは・・・
 
 うん、三太郎さんのおっしゃっていることはよくわかります。ただ、丸山圭三郎は「身分け」の本能的な図式というものを本質的とはしていないですね。
 つまり、言葉という道具は、本能の上に乗っかったものなんだろうけども、言葉の存在によって本能的な図式も影響を被るという、その基体であったはずのものをも巻き込んでしまうような「道具」である、ということで、言語と本能を截然とわけられるような、また、どちらが本質的であるかとか、どちらが上で、どちらが下でというような価値判断のできないような関係………つまりそれこそ三太郎さんが言っていた「環境」という言葉でしか言い表せないような一つの世界を創りだしている道具だ、ということですね。
 それにしても、このブログのコメントの文字制限はウザいですねえ。何とかならないかなあ。あ、それと新しいエントリーにかかわらずこれからもちょくちょくお邪魔します。よろしくお願いしま

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 61
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 24
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS